夫婦、身長差25せんち。

今日も明日も横浜で頑張っています

ハラスメントと愛想笑いの狭間で

男性が「うちの妻のこんなところが素敵」という記事をアップすると「愛妻家」という評価になるのに対して、女性が自分の夫を誉めるような記事を書くとと「ノロケ」や「尻に敷いている」というような評価を受けることが多いような気がするのだけれど、何故だろう、不思議です。

 

批判を恐れずに言えば、私の夫は優しくて真面目で誰にでもフラットで自立している、とても良い人だと思います。そのお陰で、家庭内で私はいつもリラックスした自然体で過ごすことが出来ています。

 

 

ただ残念ながら会社で、我が家の夫婦関係はなかなか理解されず、会社の飲み会に参加するとほぼ必ず「今日、旦那さんはどうしているの?ゴハンとか平気?」と聞かれるのです。

どうしているのかと聞かれても、私の夫は30歳の大人として自立しているので別に私がいないからと言ってどうもしません。

私が普段夫が飲み会の時にそうであるように、彼も私が居なければ冷蔵庫の食材を見てなにかを作るか、足りなければスーパーで買い出しをしてゴハンを食べているだけのことなのに、何故毎回「旦那の夕食」について質問を受けなければならないのだろうか。いつかお返しに、「あなたの奥様は今日夕飯どうしているのですか?」と聞き返してみたいと思っているけれど、なかなか実現できずにいます。

 

昨晩も、仕事終わりに飲み会があった為、私の帰宅は23時頃になったのですが、その飲み会の最中に「旦那さんが待っているから早く帰ったら」と何度か言われました。

そう言うあなたも奥さま(と小さな子供)がお待ちなのでは…?と思ったけれど、言い返したい気持ちをグッとこらえて「大丈夫ですよー!」と受け流していると、近くの席だったオジサンから「そうやっていつも優しいからって甘えて!夫が可哀想だと思わないのか!」と謎のお小言を言われ、更には頭を小突かれる…という非常に不快な事がありました。

 

この会話のどのあたりが夫に甘えているのか、全く理解出来ない挙げ句に、軽くとはいえ小突かれるだなんて、不快以外のなにものでもない…くそう!

 

 

私の勤める会社では、旧態依然のセクハラパワハラの温床のような社風を改善すべく、コンプライアンスセミナーなるものが最近熱心に開催されており、ちょうど私たちはセミナーでセクハラに関するセミナーを受けた直後だったこともあったので、ここは私が不快に感じたということを表明しておかねば!と思ったのですが、やはり飲み会の雰囲気に配慮し、軽い雰囲気で「こんなことしたら、セクハラになっちゃいますからね!」と伝えてみたのですが、話は私の希望通りには展開せずに、「女性っていうのは、本当にわがままだよなあ!今まで俺たちが女性だからって散々気を使ってやっている配慮は当たり前だと思って受けるくせに、都合が悪くなるとすぐにセクハラだと騒ぐんだからな!」などと言ってのけ、周囲はそれに同調するという残念な結果になってしまいました。

こんな人たちなので、まだまだコンプライアンスが浸透するのは先のことになりそうで、ああとても悔しい。

 

そもそも、セクハラやパワハラを正式に訴えるというのは、訴える側に大変な労力がかかる上に、その対象が同じ職場にいる事案がほとんどであるため、業務に差し支える可能性がとても高く、相当な場合を除き現時点では私のなかで「正式に訴える」という選択肢はないのですが、なんとか方法を考えて彼らに言動を改めてもらえるよう、引き続き頑張ろうと思います。

 

幸い、私の夫は真面目でフラットな人なのでコンプライアンスに反する言動で、会社から処分を受けるようなことはなさそうなので、毎日安心して眠れそうです。

 

自分の夫が、彼らのように会社でセクハラやパワハラにあたる言動をする可能性があると思ったら、うかうか夜も眠れないところだった……夫よ、私に安眠をありがとうございます。

 

 


f:id:Lisax:20190203011301j:image

※私の実家の犬、大きなおしり

 

私の夫は犬にも優しいので、私の実家の犬ともとても仲良しです。これもまたひとつ、夫の良いところです。ありがとう。